政策-佐世保市議会議員 市岡ひろみち-

TOP重点政策一般質問集ご意見・ご質問プロフィール

人、輝く街「佐世保」。わがままが言える街「佐世保」を目指して。
佐世保市議会議員 市岡ひろみち 画像
市岡ひろみち後援会
〒857-0834
佐世保市潮見町1-30-507
TEL&FAX
 0956-31-5464

市岡ひろみち 重点政策


★ 行政改革!

佐世保の将来像への指針
 満たされた「まちづくり」を行うためには、将来への指針が大切
 です。5年、10年、20年計画と方向性を示しつつ、変化に
 迅速に対応する事も必要です。

行政評価システムの整備
 行政評価システムは行政の通知表と言えます。
 事業についての効果を評価しながらより良い行政が行われる様、
 監視する必要性があります。
 適切な評価システムの確立と監視が必要です。

政策自治体としての体制づくり
 市民意見反映の政策自治体への体制確立には、行政主導から
 政策主導への移行が必要です。

指定管理者制度の促進
 行政施設の管理又はサービスを民間のノウハウにより、行政負担
 軽減が期待できます。
 サービスの質が落ちないようにチェックしています。
財政健全化
 財政は行政団体の最も重要な課題です。
 収支管理の監視は、議会に課せられた市民からの最重要の
 付託事項です。
 市民の皆様の視点で、無駄遣いを無くして参ります。

★ 福祉・教育対策!

高齢者支援の充実
 高齢者支援の整備は「誰もが住みやすい街づくり」の
 第一歩となります。
公的介護保険制度の推進
 公的介護保険制度はこれからの高齢化社会を誰もが安心に
 生活できる為の大切な制度です。
 状況に応じた改正も必要で実情を見極めながら
 より良い制度にするために努力しています。
外国人留学生への支援推進
 留学生(外国)への支援は、国際都市「佐世保」を
 具現化する政策になり得ます。
 将来への投資としても留学生が修学に励めるように
 補助を出来ればと考えます。
不登校児対策
 不登校児対策は、教育を受ける権利を守るためにも
 行わなければいけない大切な課題です。
 一人一人に不登校になる原因があり、個別の対策が
 必要であると考えます。
 不登校児を集め修学できる場も必要ではないでしょうか。
市民の体力の維持・向上対策
 市民の体力の維持・向上による健康保持は行政負担への
 軽減にもつながります。
 その為には施設整備と指導者の育成も必要であろうと考えます。
食育対策
 食育は、子供達の脳の成長、身体の成長に大きく影響します。
 就学前からの食育に対しての働きかけを行うべきであると考えます。
高齢者・障害者在宅支援体制整備
 高齢者・障害者の在宅支援は、日常生活内にも当然あります。
 行政サービスがこれらに対応できるように取り組んでいます。
保育行政の充実
 子育て・保育環境の支援充実による幼児教育促進と、
 ご両親の就労支援を目指しています。

★ 産業基盤整備!

防衛施設工事の地元優先発注
 防衛施設関係工事の地元企業への優先発注は、
 地域還元の窓口となります。
未利用国有地及び予定地の有効活用
 未利用国有地及びその予定地の有効活用は平地の少ない
 佐世保市において大切な課題です。
 国有地の多い佐世保市においては、整理統合、活用促進し
 整備していく必要があります。
経済活性化対策
 経済活性化への政策は、定住人口の維持・増加や
 税収増加を目指しています。
 経済活性化は街の基盤となります。
 経営健全化資金、各種産業への活性化対策を行います。
観光客誘致促進
 佐世保エコツーリズムは、比類無い自然環境を持つ地域として
 指定されています。
 自然と快適な市民生活が融合される観光地を目指し、
 整備・保護を促進して参ります。
源確保による企業誘致促進
 水資源の確保は、市民生活、企業誘致、農業振興に不可欠な
 佐世保市の課題です。
 市民の皆様にご心配をおかけする事の無いように水資源の
 確保に向け、努力しています。
基地関連異業種交流と新しい産業育成
 基地関連異業種交流を軸としての新しい産業育成を政策的に
 検討しています。
 基地関連の経済効果は大きなものがあり、経済基軸への可能性も
 考えられます。

★ 都市資源整備!

水資源確保の体制づくり
 水資源確保対策特別委員会委員長として石木ダム、浄水場、
 配水管整備に取り組んでいます。
下水道事業の推進体制づくり
 下水道事業の体制は衛生的な生活と共に、河川の浄化、
 海洋浄化へとつながります。
 西部浄化センター建設により、下水道普及率を上げます。
 「緑豊かな街、佐世保」を守ってまいりたいと考えます。
環境行政の促進
 環境行政への取り組みは観光地としてだけではなく、
 豊かな市民生活を送る上でも大切です。
 効率よく環境対策を行う事が望まれます。
させぼエコツーリズムによる環境・観光資源強化
 佐世保エコツーリズムは、比類無い自然環境を持つ地域として
 指定されています。
 自然と快適な市民生活が融合される観光地を目指し、整備・保護を
 促進して参ります。
観光資源活用の推進
 観光資源の活用は、観光振興を進めるために必要です。
 ・西海国立公園
 ・ハウステンボス
 ・本土最西端の地
 ・JR最西端の駅
 ・海鮮資源
 ・ハンバーガー等々
 観光資源の連携を深めることが必要です。
公共交通機関の維持
 公共交通機関の維持は、市民生活の根幹です。
 これから目指されるコンパクトシティーにも公共交通機関無くしては
 実現はあり得ません。
 公共交通機関の利用率を高め、維持していくことが必要です。

★ 基地対策!

佐世保港のすみ分け
 佐世保港のすみ分けに取り組んでいます。
 防衛拠点としての大きく制限されている港を
 水産業・商工業としての港へ。
 使用範囲を拡大し、経済効果を高めようとするものです。
前畑弾薬庫移転返還
 前畑弾薬庫の早期返還実現、跡地活用について取り組んでいます。
 弾薬庫の移転による安全性確保、返還地の有効活用で
 経済効果の実現を目指しています。
Hiromichi Ichioka      

TOP重点政策一般質問集ご意見・ご質問プロフィール

政策-佐世保市議会議員 市岡ひろみち-